とうもろこし

昼夜の温度差が大きい高冷地で栽培するとうもろこしは、糖度が乗りやすいです。
収穫は、糖度が一番乗る朝に行います。

栽培品種は、収穫時期の光合成の強さ・温度・天候を考慮した、気候に合わせた多品種
(年間7~9品種、ホワイト系とうもろこし栽培)を扱っています。

とうもろこしは、畑に有機質肥料を十分に投入することで糖度が乗りやすい作物。
とうもろこしの栽培予定の畑には作付け前に、兄である酪農家(やまぐち牧場)と共同
管理する堆肥センターで作った完熟堆肥(有機質肥料)を十分に投入します。

日の光をたくさん浴びることで甘さが増すとうもろこしは、味が天候に左右されやすい
野菜のひとつです。
収穫するタイミングをしっかり見極め、甘さのたっぷりのった状態でお客さまの手に届い
てほしい。そのため、ご注文いただいてから発送まで1週間ほどの幅をもうけさせていただいております。

品種(8月)
しあわせコーン、夏色コーン(早生)、めぐみ、ミルキースイート、ロイシー(白)(中早生)、サニーショコラ、でらあまコーン(晩生)
品種(9月)
しあわせコーン、どきどきコーン(早生)、ミルキースイート、シュガーピーク、ロイシー(白)(中早生)、ミルキースイート88ST、でらあまコーン(晩生)
出荷時期
8月上中旬から9月下旬

ある日の農家の食卓

とうもろこしは茹でて食べても美味しいですが、粒を芯から取ってかき揚げにして食べると、より甘さが際立ちます。我が家の夏の定番メニューのひとつです。

・とうもろこし、幅広いんげん、ナス、かぼちゃの天ぷら
・茹で幅広いんげんのおかか和え
・幅広いんげん、じゃがいものお味噌汁

冷凍保存をするには、加熱したとうもろこしの粒を一粒ずつ芯から取って、袋に入れて冷凍庫で保存してください。

PAGE TOP